BRAND STORY

埋もれた理論を世に広げる

01

3球で世界は変わる
埋もれた理論は存在する

もし、この世にプロゴルファー本人しか知り得ない理論があったのなら。その理論はどんな理論であれ、一度は世に出るべきである。怪我でプロという道を断念した者、各々の事情があり諦める道しかなかった者。何年も繰り返し研ぎ澄まされていくゴルフ理論は、価値のある物だと私達は思う。

そんなストーリーからMOZAIKYは実現している。

『カゴに足をのせて打ってごらん』この一言で、スウェーが治った。これくらいスウェーをしてはいけないと理解できた。体重移動ってなんだったんだろう。一つの感覚で全てがよくなっていくのが、ゴルフの面白さであり奥深さである。そして、飛距離は30ヤード伸びたという実話である。埋もれた理論は間違いなく存在している。

 

新宿駅西口から南口に向かう路地の名前に『モザイク通り』という通りがある。お洒落なカフェやハンバーガショップ、花屋さん、見るものを飽きさせないレンガ調の路地である。

物事はとてもシンプルに決まる物である。埋もれている理論は隠れている理論、モザイクガラスの様な理論。そんな言葉が頭の隅に置かれる様になり、いつしか心地の良い言葉となっていく。『モザイキー』スペルよりも心地良さを大事にした。

とはいえ、埋もれた理論を世に出すに為には普通の表現では難しい。加えるのは映像と音楽、後はその人物の持っているその物で勝負する。彼らは役者でもなくトークのプロでもなく一人のアスリートである。寡黙であれば寡黙なレッスンで良いのである。大事なのは、理論を伝える中身なのだから。そしてそれが一番心地よいはずだ。

02

新宿のモザイク通り
見えないものを見せる為

03

私達が映像で
こだわり続ける事

ゴルフ映像というと、プロゴルファーがレッスンをしている映像を定点で流し続けるシーンが定番であったと言えるでしょう。MOZAIKYは映像制作会社が作るゴルコンテンツです。私達は、映像にほんの少しの抜け感を作り表現しております。

とりわけこだわる事は『フレーミング』と言われる画角×構図の部分です。定点映像だけではなく、様々な観点からの映像を楽しむ事ができます。コンテンツの種類はレッスンに止まらず『MOZAIKY LABO』検証シリーズや商品やギアなどのプロダクト解説についても行っております。

私達が最も大事にする事は出演プロが自然体でありあるがままの姿で、ご出演していただく事です。

MOZAIKYはゴルフ業界の発展を目指したコンテンツであると同時に、プロという世界に人生をかけてきた方の魅力を表現する場所でもあります。時には様々な立ち位置のゴルファーの方とプレーをしたり、時には商品の紹介をしていただいたりするかもしれません。

ゴルフメディアという業界の中でオリジナルでありながら、次のゴルフメディアの文化を作っていく事が私達のミッションだと考えております。全ては人の役に立つ仕事、常にオリジナルである事、それがMOZAIKYという私達のコンテンツです。

04

誰かのために
力を注ぎ続けたい

モザイクはもういらない

-ゴルフのこれからを考える-

– 企画 制作 –
OLDMAN MOVIE